あらためて実感!”水”  |松戸八柱 ボディーハピネス整体院

水分補給の大切さ

みなさん、こんにちは!
ボディーハピネス整体院の管理栄養士/セラピストの木村由果です。
今日は「お水」についてのお話しです(^^)

お水!水分!

今年の夏はとても暑かったですね。

11月に入ってようやく気温も落ち着き、夏に比べてお水を飲む量が格段に減ってはいませんか?

 

今日は水分についてお話していきます(^^)

 

水は、成人の体重の約60%を占めています。

しかし体水分量は性別や、年齢、体脂肪率によっても変わります。

 

男女間だけでも約10%体水分量に差があり、女性の方が男性に比べ体脂肪率が高い分、体水分量が低くなります。

体脂肪率や年齢が上がるにつれ体水分量は減っていき、高齢期には体水分量がおよそ40%になります。

 

〇体重による体水分量

 
  成人(男) 成人(女)
やせ型 65% 55%
標準型 60% 50%
肥満型 55% 45%

 

水は体内にとってとても大切で、食物の消化・吸収を助けたり、

栄養素や老廃物、排泄物の輸送を手伝う働きがあります。

 

また体温の調節にも関係しており、夏や暑いときは「発汗」で体を冷やし、

寒いときは、「熱伝導率」と言って体内に熱を伝え、体を温めてくれる作用

あるため、便通や代謝の改善に大きく関係していきます。

 

1日1000ml~1500mlを目安に水やお茶を飲みましょう。

 

しっかり水分補給!!

 

起床後、食事の時、就寝後を中心に

コップ1杯(約200ml)を目安に飲みましょう!

日中は、1~2時間おきに、

こまめに飲むように心がけましょう。

 

気温や体温に合わせて、常温のお水(冷たすぎず温すぎない20℃~35℃)を基本とし、暑いときは冷ためのお水を、寒いときは温かいお水を飲んでください(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です