冷えは大敵! |松戸八柱 ボディーハピネス整体院

みなさん、こんにちは!
ボディーハピネス整体院の管理栄養士/セラピストの木村由果です。

最近は晴れた天気が続きますが、気温差が激しくなり少しずつコート手放せなくなっていきましたね。。。

 

今日も夜は雨が降るらしいので昼間の気温とは比べ、グッと寒くなりますね(ToT)

夜外に出る方は傘と上着の準備をお忘れなく、、、

 

今日は体が温まるお話「冷え性、肩こり」についてお話します!

 

冷え性や肩こりはいずれも血行不良から起こります。

体を温める食事や運動、入浴で血液の流れを良くしていくことが大切です。

今回は、身体を芯から温める王道な食品と、その成分を紹介しますね!

 

〇その他体を温める機能性成分

 

機能性成分食品作用
硫黄化合物にんにく、玉ねぎ、長ねぎ、にら、キャベツ、ブロッコリー、大根、ワサビ血栓を溶かし、血液をサラサラにするため血液の流れが良くなる。
カプサイシン唐辛子、ラー油、キムチなど脂肪細胞の分解と燃焼を促し、エネルギー代謝を高め、体温が上昇する。
エイコサペンタエンサン(EPA)さば、さんまなどの青背魚。
魚介類全般。
赤血球や血管を柔らかくして、血液をサラサラにする。

 

煮魚に、生姜または糸唐辛子などを添えてあげると血行促進かつ、料理が美味しくなりますね(^^)

 

唐辛子などのカプサイシンは多量に食べ過ぎると、汗をかきやすくなり身体を冷やすため、激辛料理には注意です!

 

また、適度なアルコール、脂質の摂取は体を温めますが、

多量摂取は血液の濃度を上げ、血行不良の原因になるため、注意しましょう。

 

次回は今回に続き身体を温める栄養素と食品を紹介します(^-^)

 

 

ご質問や、聞いてみたいことなどは、お気軽にコメント欄にご記入ください!

また、LINEでも質問を受付いたします(^_-)-☆

お友達追加はこちらから
友だち追加

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です