バランスの良い食事とは? |松戸八柱 ボディーハピネス整体院

みなさん、こんにちは!
ボディーハピネス整体院の管理栄養士/セラピストの木村由果です。

 

前回までは健康的な体作りに必要な食品や栄養素の一部を少しずつお話していきました。

人に必要な栄養素はたくさんあるため、日ごろからバランスの取れた食事が大切になります。

バランスの良い食事をするためには主食+一汁三菜(汁物+主菜、副菜①、副菜②)の食事スタイルが基本になります。

今回は一汁三菜について書いていきますね!

 

一汁三菜!

主食 

約200kcal

~300kcal

ご飯やパンなどの炭水化物

 

<1食の目安>

・ご飯類…1/3~1/2合

(100~150g)

・パン(食パン)

6枚切り・・・1.5枚

4枚切り・・・1枚

エネルギー源となり、また消化・吸収が穏やかのため、腹持ちが良く、1日を健やかに送ることができる。

特にご飯は、玄米や胚芽精米がおススメで免疫機能を活性化してくれるミネラルを豊富に含む。

汁物または飲み物

 約50kcal

~100kcai

味噌汁、スープ、乳製品、豆乳

野菜ジュース、スムージーなど

<1食の目安>

汁物…150ml/杯

飲み物…200ml(1パック)

腸内環境のバランスを

整える。気軽に不足しがちな栄養素を補えるだけでなく、お腹が満たされやすくなる。

主菜

約200kcal

魚、肉、卵、大豆製品

<1食の目安>

直径20㎝のお皿に乗るくらい

血液や筋肉、免疫細胞など体を作る材料になる。
副菜

約100kcal

野菜、きのこ、海藻、いも、果物

<1回の食べ方>

野菜、きのこ、海藻、いも

・・・サラダ、お浸し、きんぴら、煮物、蒸し物など

果物・・・こぶし1個分の大きさ

のものを1日1回

ビタミン、ミネラル、食物繊維の供給源で免疫力を高めたり、体を回復する。

 

バランスの良い食事をするためのポイントは

・味噌汁やスープなどの汁物は、具沢山にし1日2回まで!

・主菜のお皿に野菜を添える(例:レタス、キャベツ、おろし大根、ソテーなど)

・魚、肉、卵、大豆製品、野菜、きのこ、海藻、いも、果物、乳製品を1日1回 は食べるようにする。

 

今回は基本である食事バランスをおさらいしました。

日々の忙しい生活で食事バランスを整えるのも難しいとは思いますが、

基本を思い出し意識するだけでも食事や体調もいい方向に変わっていきますので参考にしてみてくださいね(^-^)

 

参考文献:あたらしい栄養学、食事バランスガイド

 

ご質問や、聞いてみたいことなどは、お気軽にコメント欄にご記入ください!

また、LINEでも質問を受付いたします(^_-)-☆

お友達追加はこちらから
友だち追加

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です